面接なしで働ける日払い・短期バイト〜面接不要で稼げるアルバイト

  1. トップページ
  2. 日払いバイトの面接とは?

日払いバイトの面接とは?

日払いバイトで「面接あり」になっているものも実は多いです。
でもその日1日だけのバイトなのになんで面接があるのか疑問に思ったり、そんな面倒なことは避けたいと思う人もいますよね。
だいたい勤務日の当日にその場で面接というものがほとんどですから、わざわざバイトの現場まで行って、その場の面接で落とされて、もう帰っていいよと言われても交通費の大損です。
そもそも日払いバイトの面接ってどんなものなのか?という疑問について解消しておきたいですよね。

日払いバイトも雇う側でいろいろありますので一概には言えませんが、ごくごく一般的な面接に関しては、普通に受け応えをしている分にはほぼ落とされるようなことはないようです。
例えば、即決するので身分証明書やハンコを持って来るようにというような募集の場合、「面接有り」とか「説明会有り」というような書き方をしている場合もあると思います。
実際には、仕事の内容の説明や、バイトの条件、登録カードの記入などの流れそのものが面接の代わりになっているようなもので、そこで問題がなければ落とされるようなことはないのです。

ただ、例えばバイトの条件が食い違っていたり、仕事の流れを何度説明しても理解出来なかったり、指示通りの仕事をやってもらえそうにないなと雇うがわが判断すれば、そこで残念な結果になることもあります。
ないとは思いますが、日本語がまったく通じないとか、指示に従ってくれそうにないといった場合には断られてしまう場合もあるでしょう。

中には反抗的な言動で落とされたという人もいます。
指示を実行して対価を得るのがバイトとは言え仕事ですから、指示する人の言うことに反抗するような人はご遠慮願われてしまうのは当然と言えば当然でしょう。
言ったことを理解して、それに沿ってはたらいてくれる人だと思えば、そうそう落ちたりはしないはずです。

逆に、OKとなるとすぐにその場から現場へ移動してバイト開始ということも多いのが日払いバイトです。
だから仕事に直行出来る状態で行く必要がありますね。

日払いバイトの基礎知識